スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間

Category :

RIMG0039_2015060811574653f.jpg


RIMG0040_201506081157480d0.jpg


目も開いて、順調にすくすく成長しています。
スポンサーサイト

犬の出産 ミミの分娩日記

Category :
ミミに一度は子供を産んでほしいと思っていたら、
友人の飼い犬、イケメンボーダーコリー八雲君がお相手になってくれました。
3月18日 交配




RIMG0001_20150521110844e4b.jpg
交配から62日目でこんなパンパンになった。


犬の妊娠期間は平均63日。
交配から分娩まであっという間。

ここから先は分娩記録です。

5月20日午後9時頃より 
産箱の床を引っ掻き回したり、しょっちゅうトイレに行ったりで、そわそわするミミ。           そろそろ出産が近づいてるのかなと観察。

5月21日午前1時00分  
産箱でピーピー言いながら息む事数回、ついに陣痛開始。
なでてあげると私の手をなめ返して来て不安な様子。
パチン! と音がして、膣からちょっと茶色っぽい水が出ました。
そしてその後、胎膜が出て来たのですが、
ミミが気にして、しきりに外陰部を舐めているうちに引っ込んでしまいました。


〜午前5時まで  
何度か陣痛が来て息むのですが、分娩しません。
途中で玄関に行ったのでトイレかな?と思い外に連れ出します。
動いたら刺激になるかも・・・と思ったけれど、やっぱり分娩なし。
     
破水から2〜3時間以上分娩しないのは異常事態。
なんだか陣痛も弱くなってしまいました。

最初の破水から既に4時間。 漁師さんに頼んで船を出してもらって病院に行こうか
どうしようかと考えましたが、苦しんでいるミミを船と車で運ぶ大変さを考えて悩みました。
              
とにかく難産でミミを死なせることだけは嫌だ!と思い
勇気と根性を出して、清潔に洗った指をミミの膣に入れてみる事に・・・
あっ!子犬の足が触る。
              
胎膜が破れ、引っかかってうまく分娩出来ないのでしょう。
ミミを励ましながら、指で胎児の足を押さえて外に引っ張りました。
しかし、つるつる滑るしなかなか降りて来てくれません。 
この一匹目の子はきっと死産だろうな・・・と思いましたが、とにかくこの子を出さないと他の子も死んでしまうしミミの命も危ないと思い必死で引っ張りました。 
滑るし、タオルを使う程には子犬は出て来ていないので、滑り止めにキッチンペーパーを使って、ミミの陣痛に合わせながら無我夢中で引っ張ること数十分。

5時20分   
一匹目誕生  オス
死産を覚悟していましたが、なんと大丈夫でした。チアノーゼもなく、ピーピー鳴いてます。
重さを量ると422g 妊娠前体重9、5キロのミミの体格に対してずいぶんと大きな子供で、難産の原因の一つは胎児が大きすぎたからかも・・・と思いました。
次の陣痛を引き起こす為にも胎盤はミミに食べてもらいました。
            
二匹目からは自然分娩で行けるはず!と願い、ミミを信じてこのまま家で出産させることに。
              
7時00分 
二匹目誕生  オス 397g
分娩、へその緒の噛み切り、胎膜処理、全てミミが行う。
一匹目がいると邪魔かな〜と思い、あらかじめ用意していた保温箱に入れるとミミが不安そうに見るので、すぐにミミの側に返しました。


7時13分   
三匹目誕生 メス 393g
自然分娩

ミミが産箱から出て来てトイレに行きたそうなので、外へ連れ出す。
もうこれ以上産まないのかな・・
             
           
     と、思いきや、
   
   
8時16分    
4匹目誕生 オス 411g
自然分娩
          
   

再びトイレに行きたがり、水を大量に飲みました。
4匹で全部の様です。
分娩後も何度かトイレに行きたがり、外で排尿、排泄させました。
交配相手がミミよりも結構大きい犬だったせいか、どの子もけっこう大きくてびっくりしたけれど無事に産まれて来てくれて本当にありがたいです。

何年かぶりの完全徹夜。
でも徹夜したのにこんなに清々しい気分の朝は初めて。


 ようこそ子犬達。 そしてミミ、お疲れさん。心からありがとう。

RIMG0003_20150521110846f6a.jpg

まーもうかわいいこと!
しばらく子犬ばっかり眺めて、仕事に手がつかないでしょう・・・。


追記 
ミミのトイレが近いので、うとうとしながらも起きていたら
15時40分、まさかの陣痛。
4匹目が産まれてから7時間半後なので驚きました。
30分程かかって分娩されました。
が、出て来た時からチアノーゼで、全身真っ青。
急いで口鼻の中を出して体を振ったり、熱めのお湯で温浴させたりしましたが蘇生できず。
412gのメスでした。
庭のレモンの樹の根元に埋めました。合掌。

ミミ再診

Category :
退院から一週間後の再診に行って来ました。

退院後は何の問題も無く元気に暮らしている事を先生に伝えると、
膵炎だと、普通はもっと長期間ご飯が食べられないので、臓器の腫れもなかったし、膵炎ではなかったかもしれません。
血液検査の炎症反応と、腹部の上の方に痛みがあった事から、膵臓か小腸か、臓器に炎症が起きていたのは確かなので、ひどい胃腸炎だったかもしれませんね。
と言われた。
手術で開腹したわけではないので、先生にも確実な事はわからないようでした。

原因は食べ物か、極度のストレスだそうで・・・
最近出店等で連れ回している時間が長かったのでそれが原因??
もしくは見てないスキに何か拾い食いしたのか?


膵臓が悪くなると完治しないそうなので、膵臓の病気じゃなかったかもと言われて一安心。

めったに行かない獣医に行ったついでに爪切りしてもらう。
家では私が犬用の爪切りを手に持った瞬間に逃げるのです・・・。

「爪切りが大嫌いなので、大変だと思います。」と告げて看護士に預けました。
ロビーで待っていたら、処置室からミミのひどい悲鳴が聞こえてきて、周りの人がびっくりしていたので、小声で「スミマセン、うちの犬爪切り大嫌いなんです。」と説明。
終わったらダッシュで私の膝に飛び乗って、「怖かったっす。ひどい目にあったっす。」と言ってましたが、そのひどい目に遭わせた張本人は私なんだよね・・・。

治療費お会計内訳

再診料 ¥500
爪切り ¥500
消費税  ¥80

合計 ¥1080


ミミはすっかり元気になりました。

RIMG0003_201410181312550d9.jpg
最近抜け毛がすごいので、(掃除しても掃除しても家中毛だらけ)
今日は友人が染めてプレゼントしてくれたバティックの服を着ています。


みなさん、あたたかい励ましを本当にどうもありがとうございました!

犬の膵炎? 入院日記

Category :
10月7日深夜
ミミが寝床で嘔吐。
(たまにあることなので、この時はあまり気にしていなかった)

10月8日
朝の散歩へ行く。
散歩の後は、いつもはりきってご飯の催促をするミミが、なぜかご飯の場所に来ない。
おかしいな〜と思いつつも器にご飯を入れて「ヨシ」と言うと食べた。
が、20分後にすべて嘔吐。
触ってみると体が熱く、心拍数もすごく速い。
発熱のせいなのか下肢が震えて、ぐったりと寝込んでいる。
変なポーズをたまにするので(前足を伸ばしてお尻を上げる)ネットで調べてみたら、犬の祈りのポーズといってお腹が痛い時にするポーズだとわかった。
辛そうなので、私の寝床に寝る事を許して様子を見る。
(この時点で病院に連れて行けば良かったと、今になって思うけれど、歩くのも辛そうなので、港までだっこで連れて行ったとしてもミミが嫌いな船に乗らないと行けないことを思うと躊躇してしまった。)
一日中動かず、散歩も夕飯もやめて安静。

10月9日
朝起きたらちょっと元気になっていたのでトイレの為に短い散歩に行き、ご飯も食べたそうなので、いつもの半分だけあげた。
その後嘔吐もなく、やや元気は無いけれど、良くなった様に感じた。
夕方、いつもの長さの散歩に行くと、排尿、排便はいつも通りしたものの、かなり元気がなく、歩く姿勢もいつもと違う感じ。
散歩の後の夕飯をまたもや欲しがらない。

ミミは超食いしん坊でものすごく食い意地がはっているのに、これだけご飯を欲しがらないのはよっぽどの事だと怖くなり、17時30分に港にいた漁師さんに頼んで陸に連れて行ってもらう。(残念ながら上りの定期船の最終便の後だったのです)
引っ越してすぐにフィラリアの薬が必要で一回だけ連れて行った事がある岡田動物病院へ。
平日の午後の診察は16時〜19時なので間に合った。

問診して、先生がお腹を触ったらひどく痛がったので、血液検査、レントゲン、超音波で内蔵の検査。
レントゲンとエコーの結果、膵臓に影が映っていた。
血液検査で膵臓炎を見るのはアミラーゼとリパーゼの数値なんだけど、こちらは正常値内。
アルカリフォスファターゼの値(肝障害、胆汁うっ滞があるとあがる数値)がちょっと高め。
血液凝固試験では、血漿フィブリノーゲン値(炎症性疾患があると増加する)がかなり高かった。

総合的に見て、膵炎が疑わしいです。嘔吐があるので内服も無理ですし、注射と点滴による治療が必要なのでこのまま入院しましょう。と説明される。

そして検査室に行った後のミミとは会えず、(多分会うとお互い別れが辛いからかな?)そのまま一人で家に帰った。
悲しくてちょっと泣いちゃいました・・・。

10月10日
朝、獣医から電話。顔つきも元気ですし、今日の昼から食事してみて嘔吐がないかどうか見てみます。
もう一日入院して様子を見て、明日の夕方に病院に来てもらって、問題なければ退院しましょう。
と言われる。

自分が家にいるのにミミが家にいないのはすごく不思議な気持ちだった。

10月11日
15時病院へ。
土曜日なのでとても混んでいて、45分待たされる。

ミミちゃんは何でも食べるし、嘔吐も収まったし、元気になりました。
と先生に言われて一安心。
排便がまだなので下痢かどうか気をつけて見て下さい。と言われて無事退院。

帰りがけ、砂浜で排便。下痢じゃなかった!

治療費お会計内訳

再診料 ¥500
入院代×2日  ¥ 5000
注射料A ×2回 ¥1000
注射料(鎮痛剤)×2回  ¥2000
静脈留置針設置  ¥1500
静脈点滴  ¥2000
中枢性制吐剤  ¥2000
フィラリア子虫、成虫抗原検査  ¥2000
血液スクリーニング検査  ¥5100
電解質測定 ¥600
レントゲン検査 ¥4000
超音波断層検査 ¥3000
血液凝固系検査 ¥2500
内服薬 ×7日分 ¥2920

合計          ¥34120
         +消費税¥2729


しめて  ¥36849 でした。

しばらくこのフードをあげて下さい。と、ロイヤルカナンの 消化器サポート(低脂肪)というフードをもらう(このフードの代金は請求書になかったのでサービスなのかな??)


一週間後に再診予定。
ついでに爪切りしてもらおう。

この様子だと、このまま元気になると思う。

RIMG0002_20141011183447df5.jpg
こちらは退院後すぐのミミ。
右前足が剥げているのは点滴の針を刺す為に剃られた跡みたい。気になってしきりに匂いを嗅いでいた。

ミミ、辛かったね。
無事に退院して元気になって大変うれしいです。

うりふたつ

Category :
動きっぱなしの怒濤の一ヶ月が終了。
帰って来る直前に風邪をひいてしまった事もあり、やや放心気味。

いろんな所で、いろんな人に出会って、いろんな体験をした。
デパートで初販売したり、引っ越したり、九州に行ったり。
しみじみ世の中いろんな人がいるんだなーと、よくもわるくもいろいろ感じた。

阿蘇ではレインボー2012で友人達とめいっぱい楽しんだ後に、地獄温泉という温泉に行った。
男性がいないスキを狙って、すずめの湯という混浴露天に入れてラッキー♡
しかしまあ、すごーーく濃い温泉だった。
その時着ていた服、洗ったんだけれど硫黄臭が未だにとれません。



たんばクラフト参加中、あまりにもミミにそっくりなので声をかけてしまった。
カメラ不携帯だったので、友人が撮ってくれた衝撃写真。

IMG2676JPG.jpg

純血レモンビーグルの雌犬だそうです。

IMG2675JPG.jpg

足の長さが全然ちがうけれど、本当にそっくり。
友人からは、あやちゃんじゃない人がミミを散歩させているのかと思った。
と言われました。


プロフィール

aya

Author:aya
千葉でうまれ育ち、千葉~大阪~富山~千葉に住む。
2011年3月11日の福島第一原発の事故後、自主避難する。
2011年6月、相棒犬ミミと一緒に瀬戸内海の小さな島に移住。

趣味は 料理、お酒、キャンプ、ライブ、読書。
ジンバブエのムビラという楽器を弾いています。

ソウルフルでハッピーな音楽が好き。

平和な世界が好き。

核のない世界が好き。

ランプワークという技法でガラス作品を制作しています。


『RANA GLassworks』では全て手作り一点物のガラス作品の販売をしております。
オーダーメイドも承ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。